家族・友人と工夫する
関節リウマチ生活

第3回 家事編

関節を守る工夫で、“できる”を増やしましょう!

監修:大阪医科大学 リハビリテーション医学教室 
教授 佐浦 隆一 先生

日常の動作を見直して少し工夫するだけで、家事の“できる”を増やせます。また、関節の動きを保つためのリハビリテーションにもつながります。今回は、調理や掃除・洗濯の “できる”を増やして、毎日を楽(たの)しく、楽(らく)に、楽々(らくらく)と過ごすための、ちょっとしたコツや工夫をご紹介します。

詳しくはこちら

第2回 体操編

毎日の「リウマチ体操」で人生をより豊かに

監修:東京女子医科大学附属 膠原病リウマチ痛風センター 
理学療法士 倉田 典和 先生

痛みやこわばりがあることが多い、関節リウマチ。できるだけ安静にしていたいと思うかもしれませんが、実はそれは黄色信号です。今回は、関節の働きを守る「リウマチ体操」の目的やポイントをご紹介します。

詳しくはこちら

第1回 食事編

関節リウマチ患者さんにやさしい
食事のポイント

監修:東京女子医科大学附属 膠原病リウマチ痛風センター 
准教授 中島 亜矢子 先生

関節リウマチの患者さんは、痛みやだるさなどで食欲がわかないことがあります。そのため、栄養価の高い食事を摂ることが大切です。今回は、関節リウマチの患者さんに必要な栄養素と、それを効率よく摂るためのポイントをご紹介します。

詳しくはこちら