関節リウマチの治療薬
レミケード®

監修:慶應義塾大学医学部リウマチ内科 教授 竹内 勤 先生

関節リウマチの治療は
進歩しています

関節リウマチは、かつては治療が難しい病気とされてきました。

関節リウマチ患者さんの関節では、強い炎症が起きています。
炎症は痛みや腫れを起こすだけでなく骨や軟骨を蝕み(むしばみ)、関節の破壊をまねいて、日常生活を不自由にします。

これまでの治療では関節破壊を防ぐことは難しく、痛みや腫れなどの症状をやわらげるのが目標でした。

しかし、生物学的製剤とよばれる薬剤の普及などにより、
関節リウマチの治療は大きく変わりました。

現在の治療では、「寛解(かんかい)」という状態を目指します。

「寛解」は、関節の炎症がしずまり、痛みや腫れがほとんどなく、病気の進行がみられない良い状態のことです。
寛解が続けば、関節破壊の進行もくい止められ、日常生活を取り戻し、維持することができます。

“少しでも早く、痛みから解放されたい”
“明日もずっと、良い状態が続いてほしい”

そんな患者さんの想いに近づく治療ができるようになってきています。

弊社製品をご使用、
もしくはご使用予定の患者さんへ

レミケード®による治療を受けられる患者さん、
もしくはご使用予定の患者さんを対象に、
レミケード®に関する情報を提供しています。

あなたは現在、レミケード®による
治療を受けている、
またはこれから受けることになっていますか?